×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「えっと、この時計、今までありがとうな。返すよ、これ」

 それだけ言うと、祐一は部屋に戻ってしまった。
 どこかそわそわしていた祐一を不思議に思い、名雪は時計の再生ボタンを押した。

『…どうやら、ちゃんと聞いてくれてるみたいだな』

 名雪の予感は当たっていた。何かを伝えるつもりらしい。

『俺、ずっと前から名雪に言いたかった事があるんだ。でもどうしても言えなくてさ』
「祐一…」
『しっかり聞いてくれよな?』


 沈黙が続く。
 名雪には、一秒が十秒にも一分にも感じられた。

 やがて、大きく息を吸い込んだ祐一は――





『チャチャーンチャーン…チャチャーンチャーン…』
「どうしてロッキーなの祐一ぃ!」

 内心告白を期待していた名雪は混乱して叫んだ。

『名雪、聞いてくれ。俺は…』

 ロッキーの意味が分からないまま名雪はなんとか気を取り直し、時計を見つめた。



『ロッキーの大ファンなんだ!』
「……え」
『いやー、ずっと前から言いたかったんだけど、古い映画だし何か言い辛くてさ。でもやっぱり名曲だよな、ロッキーのテーマってさ。本当のタイトルはGonna』
 
 再生はそこで止まった。凄まじい勢いで振り下ろされた手が祐一への拒絶を示していた。

「…祐一のバカ」

 その日、美坂チームは崩壊した。