×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



魔理沙(水属性)

金生水 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
水生木 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
解説0.6b
強すぎる気がしないでもない主人公。
能力は格闘と技量を除きトップクラス。武装もENの消費がやや大きいもののステージ自体が長くないので問題にはならず、移動後に使えるスターダストミサイルを持ち死角無し。

さらにはEN消費0かつ高威力のE属性武装や凶悪マップ兵器マスタースパーク、戦闘向けのスペシャルパワーと揃いすぎるほどに揃っている。
これだけでも十分に優遇されているのに全キャラ一の連携武装を持ち、ついでに14話で劇的なパワーアップ。最早手が付けられない。

ケチをつけるとすれば、連携武装がやや使い辛いことくらいか。全体的にEN消費が大きく、それにENを割くくらいならマスタースパークに回した方が良さそう。移動後使用可能で使いやすいノンディレクショナルもあるものの、パチュリーがサポートに甘んじるというのは戦略的には考えられない。
パートナーには、連携武装が使いやすいメイベル、突撃が意外と便利なメルランを推しておく。
解説0.65d
劇的に弱くなった。それはもうかわいそうなほどに。
武装の威力低下&EN消費アップも厳しいが、何よりエンハンススペルの弱体化(回数減少&気力制限の上昇)が辛い。
瞬間火力はトップクラスを維持しているものの持久力は最低に近く、大幅に低下した防御面も合わさって最前線で戦い続けるには少々頼りない。

優秀なSSとSPを持ち、他人のEN・霊力を回復できるアビリティも持つのでサポートとしては一流。普段はサポートに回ってボス戦で大ダメージを奪うのが賢明かもしれない。


アリス(木属性)

水生木 リグル 魔理沙 ルーミア ルナサ レティ レミリア 紫
木生火 フランドール 朱鷺子 ミスティア リリカ 妹紅
解説0.6b
技量に長けた援護砲台。
メンバーの中でも突出した技量を持ち、早い段階で援護攻撃Lv2を覚えるので常に誰かと隣接さえて援護攻撃を有効に使っていきたい。
熱血を覚えるのが遅めなのは少し気になるものの、覚えるまでは援護専用と割り切ってしまえば大して気にならないだろう。

スペルも上海&蓬莱人形は癖が無く使いやすい。アーティフルサクリファイスは序盤の稼ぎ用マップ兵器として非常に役に立つ。特殊能力である蒐集家による資金増加も見逃せない。

パートナーは、出来ればメイベルがベスト。連携度を上げた状態でのドールズウォーの威力は洒落にならない。少々気力が必要であるもののスペル宣言の必要も無く使いやすい。
他には、水生木のルーミアだろうか。アリス自身が一通りの戦闘用スペシャルパワーを持っているのでルーミアの局地でしか使えないスペシャルパワーが気にならないのは好材料。
解説0.65d
パイロット能力の若干低下や狙撃の消滅などマイナス点もあるものの、多数の追加武装により総合ではプラス。
ラッシングドールの属性が射撃になり、人形置操も追加されて課題だった移動後の攻撃も磐石。
厳しい戦いが続く前半戦では欠かせない大黒柱になる。

ただ、戦力が充実してくる中盤以降の戦いでは高くない射撃が強烈に足を引っ張ってくる。元々のダメージが低ければ高い技量も意味が無く、ボス戦ではあまり役に立てないことも多い。
そんなアリスにとって26話のフルスペルボーナスは必須。何が何でも手に入れたい。
また、新連携武装のクインテッセンスは消費がやや高めであるものの威力は最高クラス。七色の魔法使いのレベルが上がればEN消費も実用的な範囲に収まるので、連携度(とできれば射撃)を補ってやれば輝きを十二分に取り戻せる。


メイベル(金属性)

土生金 小悪魔 萃香 大妖精 幽々子 藍 永琳 魅魔 パチュリー
金生水 リグル 魔理沙 ルーミア ルナサ レティ レミリア 紫
解説0.6b
装備に恵まれた非力者。
能力は並以下。スペシャルパワーもサポート系ばかり。物語の中心に居るものの表立って戦闘に参加することはない……と思いきや、22話で状況が一変する。

武装だけでなく特殊技能まで多数追加されて、一気に使いやすいユニットに。特に貫属性のB・ドラゴンバレッタは優秀。
が、低い能力が足を引っ張るので主力になるのはやや厳しいか。物心会話での追加武装も蓬莱の弾の枝を除きイマイチなものが多い。
スペルの石属性は魅力的ではあるものの、大人しく魔理沙やアリスのサポートに回った方が無難かもしれない。

メインとして使うなら、土生金かつSSやスペシャルパワーで攻撃力不足を補える小悪魔や大妖精辺りを選ぶと良さそう。引く手数多な2人なので、パートナーが決まらず余っているというケースはそうそう無さそうであるが。
解説0.65d
サラマンダーシールドが弱体化し、ますますメインとしての使用は絶望的になった。
代わりにみがわりが使用可能になり、使い勝手は向上したと言える。
魔石結界+みがわりのコンボは超強力。ただこれを使うにはメイベルがメインパイロットになる必要がある。
リグルやリリーホワイトといったサポート系のSPを持つキャラと組んで、SPによる支援専用のチームを作ってみると面白い。


ルーミア(水属性)

金生水 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
水生木 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
解説0.6b
Ex化が生きない悲劇の妖怪。
能力は最低レベル。スペシャルパワーも戦闘には不向き。武装もEN消費は少ないものの威力が低く使えない。
SSが地味に使えるので永遠にサポートに回ることを運命付けられたキャラ。

が、突然Ex化。武装が異常に強化される。恐らく全キャラ中でもトップクラス。散々弱い弱いと言われた反動か。
ただ、武装が強かろうともパイロットが弱すぎては意味が無いわけで。折角の武装も埃を被って朽ちるのみ。

ルーミア自身のスペシャルパワーが戦闘に向かないので選ぶのが少し面倒ではあるが、大人しくサポートに回るのが無難。
SSを活かすなら連携武装のある魔理沙かリグル。リグルと組ませるとスペシャルパワーが少々不足してしまうが。
水生木の方向で考えるなら霊夢やアリス辺りか。
意地でも使うなら小悪魔やフランドールといった強力な攻撃力強化系のSSを持ったキャラをサポートに据えること。
解説0.65d
Ex化の仕様が変更されて大量に武装・アビリティが追加されたが、サポートに回る点は変わらない。
高い威力と様々な属性を持つ追加武装は確かに魅力的ではあるが、ルーミア自身が弱すぎて当てるだけでも一苦労である。

属性によってSSの効果が違ってくるので、状況に応じて属性を変えていこう。


咲夜(金属性)

土生金 小悪魔 萃香 大妖精 幽々子 藍 永琳 魅魔 パチュリー
金生水 リグル 魔理沙 ルーミア ルナサ レティ レミリア 紫
解説0.6b
永夜仕様の永久機関。
ナイフ回収がEN0、回数無制限、行動非消費と凄まじい利便さを誇る。SP回復をつけてやれば永久に戦い続けることも可能。
スペシャルパワーも便利のいいものが多く、カウンターや分身も欠かさず装備。弐符になって使い辛くなってしまったものの、咲夜の世界の効果は相変わらず絶大。
と、一見隙の無い強キャラに見えるが。

悲しいけど、この咲夜永夜抄バージョンなのよね。
攻撃力が全体的に足りない。どうにもならないレベルではないが、主戦力として使うにはやや不満。
というわけで、オススメは美鈴のサポート。連携武装チームメイドが強い。威力はそれほどでもないものの、ENと気力の低さはあまりに魅力的。美鈴の格闘の高さも生きる。
咲夜のSSも非常に強力であるし、これ以上の選択は考えられないのだがどうか。

それ以外では、レミリアと組むのも面白い。状況に応じて使い分けられるし、レミリアのSSで咲夜の攻撃力不足も(不確定ではあるが)解消される。連携武装の敷居が高すぎるのが残念。
解説0.65d
パイロット能力は低下したものの、武装の大量追加で使い勝手は大幅アップ。
特にインディスクリミネイトの追加は非常にありがたい。

しかし攻撃力の低さは更に深刻化。メインで使うならチームメイドの美鈴かバウンスノーバウンスの霊夢は必須。双方毛色の違う特色を備えているが、威力が勝る点でチームメイドの方が有用。
SSもスペシャルパワーも優秀でサポートとしては非常に使えるので、2人のどちらかと組ませないならサポートに回してしまったほうが良い。


美鈴(木属性)

水生木 リグル 魔理沙 ルーミア ルナサ レティ レミリア 紫
木生火 フランドール 朱鷺子 ミスティア リリカ 妹紅
解説0.6b
咲夜を従え勇気100倍。
命中・回避が低いものの特殊能力の極意があるので問題無し。他の能力はかなり高く、背水の陣の効果も相まってかなりの堅牢さを誇る。
その固さを生かして敵陣に特攻して援護攻撃といきたいところであるが、武装がかなり貧弱。しかも弐符は射撃武器。まったく使い物にならない。

そこで咲夜の出番。連携度を上げてチームメイド。美鈴の格闘と技量が最大限に生きるステキ武器。援護攻撃で乱発してもENの心配をする必要もあまり無く、アリスと並んで最強の援護砲台になれそう。なお、もう一つの連携武装である彩光剣舞は連携度補正がかからないのでオススメできない。
サポートに回るなら木生火のスカーレット姉妹や紫か。激闘を使って敵陣に特攻すると1ターンで敵がいなくなることも。
解説0.65d
大量の変更がなされ、メインとして使うには少々苦しくなった。
複合属性の武装が多く、低い射撃が足を引っ張って思うようなダメージは出ない。
連環撃に賭けるのも悪くはないが、命運を天に任せるのは気が引ける。それ以前に命中率が非常に頼りなく、攻撃のたびに極意が必要になるようであればとてもメインなど任せられない。

だが崩山彩極砲は強い。連発はできないし極意が必須ではあるものの、劣属性の恩恵で凄まじい破壊力を誇る。鈴仙が狂眼を使えるようになると途端に価値が無くなってしまうのは言ってはいけないことだろう。
援護攻撃を生かすためにも命中補正が高く高威力のチームメイドがほしい。パートナーは咲夜で決まりである。


朱鷺子(火属性)

木生火 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
火生土 小悪魔 萃香 大妖精 幽々子 藍 永琳 魅魔 パチュリー
解説0.6b
サポートに生きる妖怪。
武装の消費ENが総じて低く、気力も必要としないのは便利ではあるが、いかんせん威力がパッとしない。朱鷺子自身の能力の低さも相まって悲しいほどの弱さを誇る。

サポートに回るが吉。スペシャルパワーもSSもいかにも補助向き。彼女を使うのは鵜の目鷹の目を使うときくらいか。
火生土に当てはまる土属性のキャラか、カウンターを最大限に生かすために攻撃力の高い妖夢や輝夜あたりがいいかも。
メインで使うならパートナーはミスティア。ツインバードストライクはなかなかに優秀。
解説0.65d
色々と特殊能力が追加されるも、立ち位置は変わらず。
捨て身が追加されて更にスペシャルパワーが魅力的になった。
瞑想や突撃も便利なので、最前線で戦うキャラのサポートに回りたい。鵜の目鷹の目は地味に頼りになる。


リグル(水属性)

金生水 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
水生木 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
解説0.6b
人によって使い方がガラリと変わりそうな蟲使い。
射程の短さが少し気になるものの、蟲使いの特殊技能によって補正されるので威力は十二分。同時に命中・回避もアップするので実質的な命中はパーティでもトップクラス。
反応は低いものの運動性は高く、アイテムで補ってやれば十分に当てて避けられるようになる。
が、肝心の射撃がイマイチ。リグル自身も熱血を使えないのでボスを任せるにはやや荷が重い。サポートに回してしまっても良いが、そこは判断の分かれるところかもしれない。

メインで使うなら、パートナーは連携武装が魅力的なレティか弱点を補えるチルノ。チルノなら金生水もあるし奇襲で熱血が無いのをカバーできる。
サポートに回るなら、水生木が発生して熱血を所持している相手――霊夢や鈴仙あたりか。
解説0.65d
性能はほとんど変わっていない。上位陣が弱体化したので相対的には少し強くなった。前バージョンでは微妙だったが今バージョンでは十分にメインを張れる。
が、今バージョンではかなり貴重な再動持ち。SPは全部再動につぎ込みたいところなのでSPを自由に使えないのが難点。
そこで、ミスティアとパートナーを組んで雑魚戦は回数こそ少ないものの割と強力でEN消費も少ない毒蛾の暗闇演舞を使いつつ立ち回り、ボス戦ではミスティアの歌とスペシャルパワーでサポートに回るような動き方を提案してみる。


パチュリー(土属性)

火生土 フランドール 朱鷺子 ミスティア リリカ 妹紅
土生金 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
解説0.6b
神(製作者)に好かれた最強娘その1。
魔力と運動性とENが全キャラ中トップというとんでもない性能を誇り、回避も高いために簡単には当たりもしない。当たっても防護結界がダメージをシャットアウト。
武装も威力・射程共に問題が無く、弐符の強さは暴挙。熱血や必中が無いのもパートナーでカバー可能で、SP消費量が80%になるのも見逃せない。付け入る隙が無いとはこのことか。

メインパイロット確定。SSも全属性サポートも非常に強力であるが、パチュリーのとてつもない性能を表に出さないのはあまりにもったいない。
パートナーは、とにかく熱血持ちであることが絶対条件。逆に言えば、それさえ満たしていれば誰であっても構わない。必中やひらめきも持ち、強力なSSを持っていればなお良し。

理想は魔理沙。スペシャルパワーは完璧で、SSで高いENが底無しになり、ついでに連携武装まで得られるとなれば鬼に金棒。魔理沙もパチュリー並に使えるキャラなのでサポートに回すことは難しいかもしれないが。
解説0.65d
魔理沙と並んで弱体化の双璧。
最大ENが減り、武装の消費ENが上がり、術技能の習得が遅くなるという素敵トライアングルでENが大幅に減少。
最低クラスの運動性&装甲のせいでザコがうようよ寄ってくるので、無闇に先頭に出すとあっという間にENが切れる。
使い勝手の良い夢がなくなったのと集中力の消滅も痛い。

が、防御系の結界は色々と備えているのでそんなに簡単に撃墜されることはない。
またかなり弱体化したとはいえ攻撃面はまだまだ強い。使い勝手の良い通常武装、連携武装が多数追加されており、熱血とできれば必中をサポートキャラに使わせてやれば十分にボスとも戦える。ひらめきが使えるようになったのも強み。
とにかくENを何とか確保してやれば一級の戦力になる。
スペシャルパワーの相性も良くクインテッセンスが強力なアリスがパートナーとして最適だが、EN確保が更に大変になるのは覚悟しよう。


レミリア(水属性)

金生水 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
水生木 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
解説0.6b
武装に泣く夜の王。
全キャラ屈指の格闘と反応、優れたユニット性能、そして数々の特殊能力を併せ持ち、その能力は文句無くトップクラス。
スペシャルパワーも申し分無く、最前線で敵を蹴散らす最強キャラとなるに十分な性能を持っている。
武装以外は。

通常武装が泣けるほど弱い。スペルは強いものの、それだけでは使い勝手が悪すぎる。戦闘アニメまでついているサーヴァントフライヤーが並以下の射撃のせいで全く生きないのは辛い。再攻撃があるのでどうしようもないレベルではないが。
メインとしてずっと使うよりは、普段はサポートに回ってここぞという時にスペルカードの一撃を叩き込む方が有効かもしれない。
吸血鬼一族の効果は捨てるには惜しいし、判断に迷うところであるが。

SSは強力無比。一通りのスペシャルパワーを持っているのでパートナーは誰でも良し。攻撃力の足りないキャラを補うも良し、元々強いキャラをもっと強くするも良し。
解説0.65d
何故か属性が変更された。
武装は通常、連携ともに多数追加されたが、射撃武器が多いのでレミリアがメインの場合はデーモンキングクレイドル以外はあまり役に立たない。
運命の糸の発動気力が下がったのは嬉しい。

が、吸血鬼一族の性能変化や相変わらずの通常武装の貧弱さが辛く、サポートに回った方がいいかもしれない。弐符も密かに弱体化している。


小悪魔(土属性)

火生土 フランドール 朱鷺子 ミスティア リリカ 妹紅
土生金 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
解説0.6b
密かにパーティの命運を握る悪戯っ娘。
能力は並。援護攻撃・援護防御が高いレベルまで上がるが、武装があまり使えないので表立って動くことはあまり無さそう。
想月の姿見の使い方次第では活躍の場もありそうではあるが。
それよりも、サポートに回ってSSを活かす方がプラスになる。熱血・必中・ひらめきと必要なものを全て持っているので誰と組ませてもかなりの攻撃力アップが見込めるサポートに優れたキャラ。

が、何よりも重要なのがスペシャルパワー悪戯。脱力よりもSP使用量が少なく、ボスの気力を大量に下げることが可能。ボスはほとんどの武器を気力に関係なく使えるので、予め下げておくとスペル回収も撃破も格段に楽になる。
他のスペシャルパワーとの兼ね合いも考えなければならないが、積極的に使っていきたい。

パートナーは属性にこだわる必要は無い。悪戯を最大限使用するならパチュリーやリリーホワイトであるが、それよりもSSを重視した方がいいかもしれない。
SPに関しては月曜の髪飾り+ペンダントでどうにでもなる。
解説0.65d
悪戯を覚えるのが最後になったのが辛い。それ以外に変化はなし。
SSの効果は武装威力の数値アップではなくダメージの割合アップなので、元々の攻撃力が高いキャラのサポートに回った方が効果は高い。


フランドール(火属性)

木生火 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
火生土 小悪魔 萃香 大妖精 幽々子 藍 永琳 魅魔 パチュリー
解説0.6b
神(製作者)に好かれた最強娘その2。
トップクラスの格闘と魔力を併せ持ち、豊富なENでEN切れも起こさない。命中・回避に難があるもののHP・装甲も高く、毎ターンの熱血は全てを吹き飛ばすに十分な破壊力を持つ。
武装も強力。レミリアと違って魔力も高いので射撃・複合の武器も問題なく使えるのが嬉しい。スペルも癖があるものの強力。

パートナーにはリリーホワイトを推す。必中を持たないのは少し残念ではあるが、レーヴァテインやフォーオブアカインドの射程が伸びるのは何よりも魅力的。
必中や魂を持つてゐもいいパートナーになりそう。
解説0.65d
祝えません、暴走復活。
毎ターンの熱血の消滅とレーヴァテインの射程の減少で攻撃力はかなり低下した。
EN消費も全体的に上がっている。

が、魔理沙やパチュリーに比べれば弱体化の度合いは小さく、圧倒的な攻撃力をかなり長期間持続できる。武装もかなりの数が追加されており、今作の最強の座は彼女のものと言っても過言ではない。
連携武装は微妙なので意識しなくて良い。とりあえず熱血を、できれば必中とひらめきを持ったキャラをサポートに選びたい。
相性の良い木属性のキャラにも多くいるが、やはりSSが強力な小悪魔と組んで暴れまわりたいものである。


ミスティア(火属性)

木生火 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
火生土 小悪魔 萃香 大妖精 幽々子 藍 永琳 魅魔 パチュリー
解説0.6b
自由気ままな歌姫。
毎ターンの集中は魅力的であるし後半になれば良いスペシャルパワーも覚えるものの、基本は歌による支援。
支援専用と割り切ってひたすら歌いまくるのがベスト。パイロット能力+20は相当に大きい。

そんなわけで、パートナーは誰でも良い。むしろいなくても良い。歌を使うとENも行動も消費してしまうので、パートナーが誰であってもほとんど働くことが出来なくなる。
あえて選ぶなら藍か。藍の援護攻撃を使い切ってから歌を使えば無駄も無い。ENの消費が馬鹿にならないが。
解説0.65d
EN消費を抑えられるコーラスマスターが追加されたが、攻撃面は絶望的なのでどうでもいい。
歌が多く追加されてサポートとしての役割がますます増加。パートナーはいてもいなくてもどちらでも良いので、とにかく歌いまくろう。
スペシャルパワーは平凡になった。
プリズムリバーとの連携・合体アビリティが2種類ずつ追加されているが、ミスティア+三姉妹の誰かの連携アビリティはミスティアとプリズムリバーチームの合体アビリティの劣化版にすぎない。
Lvが30ないと使えないのが難点ではあるが、できる限り合体アビリティを使っていこう。


ルナサ(水属性)

金生水 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
水生木 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
解説0.6b
ちんどん屋結成か否かを迷う長女。
プリズムリバーチームの最大のメリットは、何と言っても鰻上りのユニットランク。また、ほとんどの武器が連携武装になるので連携度次第では非常に高い攻撃力を得られる。
逆にデメリットはユニットサイズが大きすぎて攻撃を避けられないことと移動後に使える武装がスペルカード限定であること。また、三人で組むことを前提にしているためかユニット能力が非常に低いこと。

結論から言えば、プリズムリバーチームを組んでも他のキャラのサポートに回っても構わないと思う。
ルナサのスペシャルパワーはこれ以上無いほど無駄の無いものであるし、回避力の高いキャラのサポートに回って突っ込ませれば気力が簡単に上がる。
一方、プリズムリバーチームでの移動後使用可能武装が無いのも、メルランが突撃を覚えてしまえばどうにでもなる。射程5のファントムディニングでちくちく削っていれば連携度も自然と上がってくるはず。
解説0.65d
あまり変わってない。
援護攻撃がLv2まで上がるようになったものの、ストラディヴァリウスの威力が下がったほか、スードストラディヴァリウスに殺属性がついて少々使い辛くなった。
メインで使う際は、低い武器威力をユニットランクで補うためにもプリズムリバーチームを編成したい。
サポートとしても優秀であるが、3人で組むのを前提にしているためかSPが低いので注意すること。
気力が下がりすぎるソロライブはできる限り使わない。どうしても必要な時だけ。


メルラン(金属性)

土生金 小悪魔 萃香 大妖精 幽々子 藍 永琳 魅魔 パチュリー
金生水 リグル 魔理沙 ルーミア ルナサ レティ レミリア 紫
解説0.6b
ちんどん屋結成か否かを迷う次女。
スペシャルパワーに恐ろしく微妙なものが揃っている。これらだけではあまり役に立たないが、ルナサや魔理沙といった主人公的なスペシャルパワーを持つキャラのサポートには最適。
ちなみに射撃サポートは無いので、射撃ではなく魔力のキャラ(魔理沙やアリス等)のサポートをしよう。

武装も同じ。サポート専用キャラと組ませるには向かないが、状況に応じて上手く使ってやればこれ以上のキャラはいないかもしれない。
基本的にサポートに回って、必要な時に出てくるといいだろう。射撃も高い。
解説0.65d
強力なマップ兵器である針状拡散放射レーザーの威力がかなり下がってしまったのが痛い。
他にも武器の射程が全体的に短くなり、元々少なかった出番がさらに減ってしまった印象がある。
とても微妙で非常に役に立つスペシャルパワーは相変わらず。見極めを覚えてさらに使いやすくなった。突撃を覚えるのが遅くなったのは残念。
必中が必須になってくるもののハッピーライブの攻撃力強化は非常に優秀。誰かにみがわりを使わせれば敵のターンも安心。
なお、今バージョンでは射撃と魔力の区別が無くなっているので誰のサポートでも安心。


リリカ(火属性)

木生火 美鈴 アリス 幽香 霊夢 リリーホワイト 鈴仙 てゐ 輝夜
火生土 小悪魔 萃香 大妖精 幽々子 藍 永琳 魅魔 パチュリー
解説0.6b
ちんどん屋結成か否かを迷う三女。
命中・技量はかなり高いが、武装もスペシャルパワーも戦闘には向かない。最小努力・最大利益の能力はかなり美味しいものの、メインパイロットに据えるのはやや厳しいと言える。

メルランと同様にサポート用のスペシャルパワーを多数持っているが、全キャラに使用可能なものばかりなのでスペシャルパワーでパートナーを選ぶのは意味が無い。
それよりも、高い技量サポート、なかなかに優秀なSSを重視してパートナーを選ぶべき。
火生土もつく萃香、敵に狙われることの多い幽香あたりはちょうど良さそう。
解説0.65d
射程が伸びた。変化はそれくらい。
攻撃力が低いのでキーボード霊による追加攻撃も効果は大きくない。発動したらラッキー、の気持ちで。


霊夢(木属性)

水生木 リグル 魔理沙 ルーミア ルナサ レティ レミリア 紫
木生火 フランドール 朱鷺子 ミスティア リリカ 妹紅
解説0.6b
高機動雑魚殲滅兵器。
移動後使用可能で識属性のあるマップ兵器、封魔陣が便利極まりない。
幸運と魂をかけて敵陣に突っ込み封魔陣。大量の資金と想符を得られる。雑魚がいなくなってしまうが。

高い命中と回避、結界防護まで持つ強力なキャラであるが、攻撃力が物足りない。この辺りは咲夜とよく似ている。
パートナーを選ぶならレミリア辺りか。スペシャルパワーは重複してしまう部分があるが、霊夢の攻撃力の無さを補えるしレミリアの射程の無さも補える。
東方シリーズの主人公なのに連携武装が一切無いのは寂しい。この辺りは霊夢編に期待。
解説0.65d
攻撃力の無さに拍車がかかった代わりに防御面が強化された。攻撃力が無いと表に出てくることは無いので、防御面の強化が生きないのが痛い。
攻撃力の劣化により熱血を使っても封魔陣1発では雑魚を倒しきれないことも多々。メインで使うならパートナーはSSが強力な幽香が1番。ボス戦での力不足もメインパイロットの交代で補える。


萃香(土属性)

火生土 フランドール 朱鷺子 ミスティア リリカ 妹紅
土生金 咲夜 メイベル メルラン エリー チルノ 妖夢 慧音 橙
解説0.6b
ガチンコ勝負に命を賭ける鬼。
全体的に格闘武器が多く射程が短い。移動後使用可能なものが多いが命中がイマイチ。反応は高いが命中は悪く、全体的に命中がやや足りない感がある。ボスやサイズSSの敵以外ではあまり気にならないが。
レミリアから特殊技能を引いて武装を強化した感じ。

奇襲+ミッシングパワーの威力は強烈。ただ、パンチが射撃武器であるのが残念でならない。ロケットパンチなのか?

それなりのスペシャルパワーを持っているので、メインでもサポートでもいける。
SSの霊力回復はなかなか貴重なので、霊力消費の激しい幽香や鈴仙にとっては頼りになる存在である。
解説0.65d
必要な部分が確実に強化されて戦力大幅アップ。
ミッシングパワー後の坤軸の大鬼は強力。ストレートと違い低改造補正がかかってないので攻撃力が凄いことになる。
ミッシングは霊力を大量消費するようになってしまったが、運動性が下がらなくなったので命中率に支障が出ないのがありがたい。萃香自身の反応・運動性が高いのでちょっと強化してやれば必中が必要なく、燃費アップ。
なお装甲に関しては色々とおかしいことになっている。現時点ではパープルよりノーマルの方が装甲が遥かに高くなる。

幽香との連携武装である千年椿はゲーム屈指の高性能。霊力消費が高く複属性もついているものの、EN消費が極端に低く威力も最高クラス。幽香のサポートが強力なことも手伝って凄まじい威力を誇る。
ただ、その威力を最大限に発揮させるには連携度アップのアイテムが必須。他にも使い勝手の良い連携武装はあるので、ミッシングが強力な萃香に使わせるのは少々もったいないかもしれない。
パイロット・ユニット能力も全体的には強化されており、使い方を間違えなければ今バージョンでは最強を名乗れるだけの強さを持つ。
パンチが格闘属性になり便利になったが、その他の武装はややグレードダウン。奇襲や魂も習得時期が遅くなった。ミッシングか千年椿をメインにいきたい。

前のページに戻る