×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第15章 そして始動

条件
勝利条件 霊夢の撃破
敗北条件 咲夜の撃墜
熟練度獲得条件 12ターン以内に村2箇所訪問
強制出撃 咲夜、魔理沙
出撃枠 9


イベント
村(3,24)に進入 大型球弾入手
村(27,1)に進入 軽くて身近な日用品入手
5ターン目味方フェイズ シューター(妖弾撃ちの亜種)についての会話。朱鷺子戦闘参加が条件
15ターン目味方フェイズ (13,28)に変若水を持った妖精が出現。画面左上に逃げる
魔理沙と霊夢が戦闘 会話
咲夜と霊夢が戦闘 会話


増援
(22,13) 幽霊
(23,14) 妖怪(Hardだと毛玉)
(18,16) 式神使い
(25,7) 妖弾撃ち
(27,4) 妖精
(11,16) うさぎ
(4,12) 魔法使い
(5,18) 毛玉
(28,13) 悪魔
(28,15) 悪魔
(1,1) 悪魔
(5,1) 妖精


攻略
難易度が唐突に跳ね上がる15話。かなりヤバイです。特に闘技場をスルーした方はかなり厳しいはず。はっきり言ってクイックセーブ無しで挑むのは無謀に近いので、俺はクイックセーブなんざ使わねえぜ! という方もとりあえず導入しておくことをお勧めします。
作者の凡用人型兵器さま曰く、「闘技場で鍛えず、Hard、セーブ不可で熟練度取りつつクリアした人は一級エムブレマー」らしいです。しかも「スキルを使った場合は二級」とのこと。絶対無理……ではないでしょうが、お勧めは出来かねます。

このステージの山は最初の10ターンとボスの霊夢。それ以外はじっくり行けばどうにでもなります。また、敵に悪魔と妖精が多いので妖弾が大活躍します。以下、熟練度獲得のための攻略。

熟練度獲得のために部隊を3つに分けます。
(3,24)の村には出来る限り少人数で行きます。移動力と回避力を兼ね備えたキャラを選びましょう。お勧めはチルノ。村で待機すると上から妖弾撃ち(シューター)の射程範囲に入ってしまいます。注意。チルノ(か大妖精)なら次のターンで妖弾撃ちに攻撃を仕掛けられるので倒しておくと後が少し楽に。

(27,1)に向かうには、右の狭い道が最短。その道には妖精と妖弾撃ち(Hardだと毒持ち)が増援として現れます。組み合わせだけを見るとそう厳しそうには見えませんが、何しろ足場が悪すぎます。狭い上に雪と山に阻まれて上手く動けません。かといって飛行ユニットを動員すると妖弾撃ちの餌食。というわけで、ここにはミスティアと誰かもう1人か2人を割り当てましょう。それなりの数の敵を少人数で相手にしなければならないのでタフさが無いと落とされます。また、妖精には妖弾が効くので(妖弾撃ちに反撃も出来ますし)妖弾を使えると便利。というわけで適任は美鈴やプリズムリバーor朱鷺子。美鈴とミスティアには必ずクナイ弾をつけて。
ミスティアを推す理由はアビリティの飛行。ターンがギリギリになった時、雪原をものともしない飛行が出来るのは便利です。妖怪だからそれなりにタフというのも理由。

残りの全ユニットで上から来る雑魚集団を迎え撃ちます。戦力が十分なら積極的に前に出ましょう。不安があるなら橋の辺りまで敵を引き付けると1度に多くの敵を相手にしなくていいので多少楽です。その場合は戦闘に参加できる人数が限られるので他の部隊に人数を余計に割くことも可能です。
Normalならじっくりと迎え撃てば問題ありませんが、Hardだと増援の毛玉が毒持ちなので積極的に排除しないと危険。幸い耐久力は無いので撃破は容易。優先的に狙っていきましょう。

増援を全て倒し終えれば近くに敵はいなくなっているはず。ここでようやく一息です。次の難関はとんでもない射程を持つ妖弾撃ち(シューター)。幸い5発しか弾がない、接近されると何も出来ないなど色々な弱点があるので知っていれば対処できます。撃たせて弾切れを狙うなり、救出を利用して射程外から急接近するなり手段は色々。確実に行くなら弾切れ。丹がかなり必要になるので資金と相談する必要はありますが。

15ターン目に出現する変若水を持った妖精は、(1,1)に向かって逃げていきますがステージ外に脱出はしません。なので放っておいて大丈夫です。霊夢を倒す前に忘れずに倒せば無事変若水ゲット。

霖之助ですが、放っておくと増援の悪魔のエサにされます。本隊と一緒に移動させておきましょう。

霊夢の右辺りにそこそこ強い雑魚が3人います。Normalなら幽霊、Hardなら妖弾撃ちがアイテムを持っているので戦力が残っていれば倒しておきましょう。ここまで来て撃墜されるのはかなり悲しいです。無理はしないように。

さて、いよいよ霊夢です。正直アリエナイ強さです。優なんてずるい武器を装備している上に能力も高く、更に常に武器を使い分けられる反則性能。
こちらが取れる選択は、セーブ&ロードを駆使した速攻か霊夢の弾切れまで粘るかの2択。余程変な育て方をしていない限りまともに争っても屍の山を築くだけです。
弾切れまで粘る際は絶対に密着しておきましょう。威力は高いですがクリティカル率が低いので不慮の事故がありません。逆に1マス離れると、威力は下がるものの+20などというふざけたなクリティカル率のせいで誰であろうと2割近い確率で落とされます。
気をつけなければならないのは丹の数。特にHardの場合は朝倉移動研究所が無いので補充が出来ません。霊夢の弾が切れる前に丹が切れることにならないように。

前のページに戻る   第16章 道二つへ