×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第9章外伝 破壊衝動

条件
勝利条件 フランドールの撃破、8ターン生存
敗北条件 霊夢の撃墜、咲夜の撃墜
熟練度獲得条件 咲夜のLVを3以上上げる
強制出撃 霊夢、咲夜、レミリア
出撃枠 4


イベント
1ターン目敵フェイズ フランドールのダミーが(6,2)(10,2)(8,15)に出現。撃破するたびに味方フェイズの最初に補充される
3ターン目味方フェイズ パチュリーが(1,8)に出現。操作可能。第7章で小悪魔とパチュリーが戦闘している必要あり
パチュリーと小悪魔が隣接 会話
パチュリーとレミリアが隣接 会話
レミリアとフランドールが戦闘 会話
フランドールを撃破 ステージクリア、フランドールフラグが立つ


増援
(3,4) 魔法陣
(13,4) 魔法陣
(3,13) 魔法陣
(13,13) 魔法陣


攻略
第1部を飾るステージにふさわしく、難易度は最悪。と言ってもただクリアするだけ、ただ熟練度を獲得するだけならそこまで厳しくはありません。熟練度を獲得しつつフランドールを撃破しようとすると難易度がとんでもないことに。キャラの成長具合によってはかなり厳しいので無理そうなら諦めましょう。

会話は何かの条件になっている訳ではありません。余裕があったらお好みで。
フランドールの撃破は後でフランドールを仲間にするために必須。熟練度獲得との両立が出来ないならどちらを選ぶか慎重に判断しましょう。

では攻略。出撃可能メンバーは強制出撃の3人、出撃枠の4人、そしてパチュリーの計8人。これら8人を増援の魔法陣4体、フランドール4人(ダミー含む)に1人ずつ割り当てて確実に撃破するといい感じにいけると思います。
ダミーフランドールは耐久力がかなり低く、武器さえしっかりしていればほぼ誰であっても一撃で撃破可能。反撃はかなり痛いので気をつけて。
魔法陣は武器が強力なので回避が高いキャラか間接攻撃可能なキャラが適当。2回攻撃が出来ると1ターンで撃破出来るので敵がたまらずにすみます。面倒なら出現ポイントを塞いでしまうと楽。

熟練度を獲得するためには、咲夜はダミーフランドール7人+魔法陣2体を撃破しなければなりません(正確には7人+1人+戦闘1回)。よって毎ターンダミーフランドールを撃破しつつ、反撃で魔法陣を倒すことになります。咲夜の攻撃力・反応では1ターンで倒しきるのは不可能なので、誰かで適当に削っておきましょう。これはHardの場合。難易度Normalの場合はダミーフランドール7体で経験値が足りてくれます。

フランドールですが、格闘・命中・武器性能のどれもあまりに異常。攻撃を受けると撃墜必至なので極力遠距離から攻撃を仕掛けましょう。妖弾を使える朱鷺子とリリカ、魔法を使えるアリスと鈴仙(パチュリーはLVの都合で戦力外)あたりが適任。回避 ・反応はそれほどでもないので攻撃は当たります。レミリアとの会話を発生させる場合はとどめの時に。

以下、熟練度獲得&フランドール撃破に向けての攻略。
1ターン目。左下の魔法陣出現ポイントを速攻で塞ぎます。咲夜と誰か1人を残し、他のメンバーは全員上へ。

2ターン目。(8,15)つまり画面下に出てきたダミーフランドールを咲夜で撃破。右から出現する魔法陣を残った1人で弱らせておきます。その他のメンバーは上のダミーフランドールの移動範囲に注意しつつ更に上へ。右側のダミーフランドールの恋の迷路は移動後に使用不能なので怖くありません。

3ターン目。(1,8)からパチュリーが増援として出現。防御が紙以下なので魔法陣の攻撃でも1撃で落とされる可能性は十分にあります。というわけでパチュリーの周りの敵を速攻で排除し、安全を確保。余ったメンバーは右側に侵攻。ダミーフランドールを倒しつつ魔法陣群に突っ込んでいきます。防御の高いレミリアは出来ればこちらに。
咲夜はこの後もひたすらダミーフランドールを倒し続けます。もう1人はもう1体咲夜の方に弱らせた魔法陣を送り込み、その後出現箇所を塞いでしまうと楽。

4ターン目。上に向かったメンバーはそろそろ1番上までたどり着くはず。画面上に出現したダミーフランドールを即撃破し、魔法陣の出現箇所を塞ぎます。

5ターン目以降。魔法陣は出現しなくなっているはずなので、ダミーフランドールを出現した瞬間にそれぞれ撃破しつつフランドール本人に攻撃開始。
咲夜のLVが8になったのを確認してフランドールを撃破。めでたく熟練度を獲得しつつフランドールを撃破出来ました。

実際はこんなに上手くは行かないと思います。人員不足で魔法陣の出現箇所を塞ぎきれないこともあるので、回復しつつ反撃で魔法陣を倒して咲夜のLVアップを待つことになるでしょう。

前のページに戻る   第10章 奇襲へ